“中江藤樹”の読み方と例文
読み方割合
なかえとうじゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中江藤樹、熊沢蕃山、山鹿素行伊藤仁斎、やや遅れて新井白石、荻生徂徠などの示しているところを見れば、それはむしろ非常に優秀である。
むかしの立派なる教育家貝原益軒中江藤樹熊沢蕃山等はみなを開いたことはあるが、今日のごとく何百人の生徒を集めて演説講義したものでない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
とくに数多の先生に対しては単に教師と生徒の関係以上に深い尊敬と親しみをもっていた。校長は修身を受け持っているので、生徒は中江藤樹をたてまつった。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)