“どま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
土間58.2%
14.6%
8.2%
7.6%
3.8%
3.8%
土室1.9%
0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土間から眼を放したお延は、ついに谷をてた向う側を吟味し始めた。するとちょうどその時をふり向いた百合子が不意に云った。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
馬越氏は皺くちやなの甲で、その大事な眼をつてんだ。そして骨董屋の店前を出ようとして思はずつた。
の門を這入ると、客間でピアノのがした。代助は一寸砂利のに立ちつたが、すぐ左へ切れて勝手の方へ廻つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
その立ちつた男の側を通り拔ける拍子に、その男が引き摺つてゐた帶を、薄暗がりだからつひ見えないで踏み附けた。
赤い鳥 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
伯父さんの家とは私達が今立ちっているすぐ前の金物店であったが、相当の生活をしているのでお巻さん親子の生活費の幾分を補助しているらしかった。
に今宵は藤澤りと心懸鶴見畷など打眺ながら神奈川臺も打越し處に町人體の男半四郎のになり先になり來りしがの先なる燒持坂の邊りより彼町人體の男は聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
……もう九時になったか、と、時計の方へやった眼をまた入口の方へやった。青いそうに垂れて、土室の中に漂うた酒と煙草のを吸うていた。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
りて、なる色黒き小男に向ひ、「ここなり」といひて、戸口をあけつ。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
自殺幇助ここらで堕落ゆきり可運子
大正東京錦絵 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
ギリシアではかかる時その人立ちりて兎を見なんだ人が来て途を横ぎるをちて初めて歩み出す(コラン・ド・ブランチー、前出)。