“しまつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
始末54.6%
仕末14.8%
倹約7.4%
節約5.6%
節倹3.7%
失敗3.7%
仕舞2.8%
倹素0.9%
儉約0.9%
処置0.9%
四抹0.9%
姉妹0.9%
整理0.9%
来歴0.9%
結局0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ふふん、すると、あの人造人間が、錠をあけで逃げだしたとみえる。はてな、最後にあの人造人間を、どう始末しておいたかしら」
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しかし、こういう身の中の持ちものを、せめて文章ででも仕末しないうちは死に切れないと思った。机の前で、よよと楽しく泣きれた。
桃のある風景 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
奥様は御歓楽をなさりたいにも、小諸は倹約質素な処で、お茶の先生は上田へ引越し、謡曲の師匠は菓子を売て歩き、見るものも聞くものもいのですから
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
種吉の留守には、お辰が天婦羅を揚げたが、お辰は存分に材料を節約したから、祭の日通り掛りに見て、種吉は肩身の狭い想いをし、鎧の下を汗が走った。
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
エリザベス時代のある英国人は紙が節倹したいからといつて、胡桃にしまはれる程の豆本に、新約全書そつくり書き込んだといふ事だ。
してゐると直ぐ傍へ来なければ分りません。さう云ふときこれは失敗たと思ひまして周章て鎖を引きますがいつも半分程通つてからです。
マルクスの審判 (新字旧仮名) / 横光利一(著)
のお土方手傳ひを情夫つなどゝ考違へをされてもならない、しのがたりさ、れて仕舞とも七ともされぬ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
友人から巴里人は倹素だから家庭へるのは不愉快だと聞かされて居たが、一概にうでも無さである。食事なども並の料理店で食ふよりく、又何時も「充分」と断らねば成らぬ程潤沢だ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
三和土に水を撒いて柄のついた長いブラシで洗ふ。掃除がすんで一服する間もなく、そこにはもう何かかにか走り使ひが待つてゐる。儉約な家で、ずゐぶん遠く使ひに出る時も交通費は出なかつた。
生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
議員さんがたは、この事件をいっしょけんめいに相談しましたが、さて、男の子をどう処置していいか、見当がつきません。
空には今日も浮雲四抹、五抹。そして流行着のマネキンを乗せたロンドンいの飛行機が悠長に飛んで行く。
巴里の秋 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼等女匪は、城隍の前で誓いを立て十姉妹と自称し、年に由って老大とか老二とかの称号をつけ、に連絡を取って活動する。
同志はすぐにも来てくれるようにと言うのだけれど今ここを外すことは出来ない、それに正軌倶楽部の方の整理もつけて行かなけりゃあ困るのだから、早くとも来年の三月末ころにはなるだろうな
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
も今少し逗留していますと、いろいろお話もいたすのですが——今日はお告別に私がこの書を読むようになりましたその来歴をね、お話ししたいと思いますが。あなたお疲れはなさいませんか。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ロミオ けふの惡運此儘ではむまい。これは不幸手始、つゞく不幸結局をせねばならぬ。