“笹葉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ささっぱ40.0%
ささは20.0%
ささば20.0%
さゝつぱ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“笹葉”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
とうに罰が当って、気の違った奴なんか構わねえや。……此奴に笹葉ささっぱを頂かせろ。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ところで、穿いた草履が、笹葉ささっぱでも踏む心持こころもちにバサリとする。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼女は椎のこずえの上に、むらがった笹葉ささばの上に、そうして、しずかな暗闇に垂れ下った藤蔓ふじづる隙々すきずきに、亡き卑狗ひこ大兄おおえの姿を見た。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
自分じぶんは二空箱あきばこひとつには笹葉さゝつぱのこり一には煮肴にざかなしるあとだけがのこつてやつをかたづけて腰掛こしかけした押込おしこ
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)