“笹山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ささやま80.0%
さゝやま20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
急いで死体は笹山へ送って火葬。尼の堕落が悲惨の最期。いわゆる仏説の自業自得であった。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
京師応挙という画人あり。生まれは丹波笹山の者なり。京にいでて一風の画を描出す。唐画にもあらず。和風にもあらず。自己の工夫にて。新裳を出しければ。京じゅう妙手として。
人の言葉――自分の言葉 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
すると人足の一か『此所ばかりぢやアりません。御門つて右手笹山にも、地面ます』と報告した。