“深山笹”の読み方と例文
読み方割合
みやまざさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五人は無言のうちに、道どりの一致して、蔓草深山笹をわけながら、だらだら谷の断崖りてゆく。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほとんど狂気のように叱咜してまわったが、なにせよ、身をすばかりな深山笹、杉の若木、蔦葛などがいしげっているので、うごきも自由ならずさがしだすのもよういでなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
深山笹に夕風がそよいで、ひと足ごとに落日の紅耀がうすれてゆく。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)