“深山薄雪草”の読み方と例文
読み方割合
みやまうすゆきそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屏風のように立っている。登山をする人が、始めて深山薄雪草の白い花を見付けて喜ぶのは、ここの谷間である。フランツはいつもここへ来てハルロオと呼ぶ。
木精 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
二千百米の附近では深山薄雪草、苔桃、粘り芒蘭、梅鉢草、珍車、虫取菫などがに加った。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
必ず土産に持ちかえるものにしてあるエーデルワイス(深山薄雪草)は銀白の柔毛がらせて、同族の高根薄雪草や、または赤紫色の濃い芹葉塩釜四葉塩釜などと交って
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)