“さゝつぱ”の漢字の書き方と例文
語句割合
笹葉100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分じぶんは二空箱あきばこひとつには笹葉さゝつぱのこり一には煮肴にざかなしるあとだけがのこつてやつをかたづけて腰掛こしかけした押込おしこ
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)