“笹屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ささや55.6%
さゝや44.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「金兵衛さん、その事なら笹屋の庄助さんが出かけましたよ。あの人は作食米の拝借の用を兼ねて、福島の方へ立って行きましたよ。」
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
笹屋のお松が三輪の親分に縛られたんですよ」
どこの田舍にもあるやうに、さんのでも家毎屋號がありました。大黒屋俵屋八幡屋和泉屋笹屋、それから扇屋といふやうに。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
の小紋の羽織が着たいとか、帯は献上博多を締めたいとか、雪駄穿いて見たいとか云い出して、一日同宿の笹屋という料理屋へり込み、一やっている側に酌取女に出た別嬪