“小笹屋”の読み方と例文
読み方割合
こざさや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旧御伝馬役の一人に小笹屋の勝七がある。この人なぞは伊之助の意見を聞こうとして、ある夜ひそかに伏見屋の門口をたたいたくらいだ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
組頭笹屋庄助、それから小笹屋勝七の跡を相続した勝之助の手合いだ。馬籠町内でもことに半蔵には気に入りの人たちだ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
場処は蓬莱屋。時刻は七つ。食い手は吉左衛門と金兵衛の二人。食わせる方のものは組頭笹屋庄兵衛小笹屋の勝七。それには勝負を見届けるものもなくてはならぬ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)