“笹藪”の読み方と例文
読み方割合
ささやぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまわりは雑木林と笹藪であるが、その丘の蔭にはいると風をよけることができるので、それまでにもときどきそこを利用していた。
風流太平記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
道にれて流れている水に口づけて飲んだり、梅干の種を向うの笹藪に投げたりして、出来るだけ長く休む方がであった。
遍路 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
訪客に異様な眼をらした小さな板碑や五輪の塔が苔蒸してる小さな笹藪も、小庭を前にした椿岳旧棲の四畳半の画房も皆焦土となってしまった。