風流太平記ふうりゅうたいへいき
九月中旬のある晴れた日の午後。 芝新網にある紀州家の浜屋敷の門前へ、一人の旅装の若者が来て立った。長い旅をつづけて来たものとみえ、肩へかけた旅嚢も、着ている物も、すべて汗じみ、埃まみれであるが、笠をぬいだところを見ると、いま洗面したばかりの …
作品に特徴的な語句
こま 精霊しょうろ つむ しま あい たかぶ はにか こだわ やつ はず どき ぴき しん おこ 洪水おおみず 洒落しゃ 直刀ちょくとう くう かご あらため がん ずね かっ はん 御廟みたまや 師匠しょ 山霊やまだま かか あね かっ かみ 燧袋ひうち かぶと 番頭ばんがしら まば がゆ くら から つき あらた 梯子ばしご がまち あつ 本船もとぶね あら のん さらし 義兄にい しな 肋骨あばら さら まく はぎ つか たた 手籠てご 茄子なすび こわ たな ひさし たず かん 宿しゅく 誘拐ゆうかい きま 嬌態きょうたい こび おご しゃが きびす かじ から 嘲笑ちょうしょう しわが あい きん とき かたく 半纒ばんてん 半身はんみ はえ ひま