“隙々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひまひま83.3%
すきずき16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで私は仕事の隙々を見て、桜の木で、そのままそっくりに模刻をした。そして右の観音を仏間に飾って置いたのでした。
記者はこうして、九月初めから十月までの東京市中を、縦横むじんにあるきまわった。蜘蛛手掻く縄十文字に見てまわった。用事の隙々や電車待つにはスケッチも試みた。
夜はけた。彼女は椎のの上に、った笹葉の上に、そうして、な暗闇に垂れ下った藤蔓隙々に、亡き卑狗大兄の姿を見た。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)