“隙入”の読み方と例文
読み方割合
ひまいり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、其が過失。……愚僧、早合点の先ばしりで、思ひけない隙入をした。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
が、思いも掛けない出来事のために、大分の隙入をしたものの、船に飛んだ鯉は、そのよしを言づけて初穂というのを、氷詰めにして、紫玉から鎌倉殿へ使を走らせたほどなのであった。——
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、思ひも掛けない出来事のために、大分の隙入をしたものの、船に飛んだは、其のよしをづけて初穂と言ふのを、氷詰めにして、紫玉から鎌倉殿へ使を走らせたほどなのであつた。——
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)