金貨きんか
左官の八は、裏を返して縫ひ直して、継の上に継を当てた絆纏を着て、千駄ヶ谷の停車場脇の坂の下に、改札口からさす明を浴びてぼんやり立つてゐた。午後八時頃でもあつたらう。 八が頭の中は混沌としてゐる。飲みたい酒の飲まれない苦痛が、最も強い感情であ …
作品に特徴的な語句
まざ よし おくれ かへり ぼろ くぐり どう やはら しき 突込つつこ さが たう ゑが 囈語ねごと こまり うづ はか あかり くわん はづ こは から づれ しやが ねぢ さかさ 入違いりちがひ かへつ 鉢合はちあはせ 湯沸ゆわ 水溜みづたま すき たひら さいはひ うづくま 引立ひつた 引附ひつつ つめ をど おく 赭顔あからがほ はふ だけ つもり つぎ 高梁かうりやん かは 雨覆あまおほひ まざ 障碍しやうがい しる 周囲まはり 咳払せきばらひ のど ひぢ 天晴あつぱれ あへ 身慄みぶるひ うしろ だる 一重ひとへ 笹葉ささつぱ ふん 矢張やはり 真鍮しんちゆう すぐ たらひ しやく くわん さかひ 猶更なほさら ひぢ こら とも 脚炉あんくわ つや ぶき よご 水船みづぶね かうむ 蝶番てふつがひ 襟章えりしやう うかが つか すく 調しらべ 打欠ぶつか とびら うはさ 麦酒ビイル しよく