“鴫野”の読み方と例文
読み方割合
しぎの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鴫野花圃か、牡丹園へ行った戻りでもあろうかと見える、派手な町が五、六挺、駕の屋根へ、芍薬の花をみやげに乗せて通り過ぎる。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
辯にせ讀上ると隱居は大いに機嫌直りて小田天安を討亡し給ふと云事は聞たれども本を見たる事なきにこそ珍敷事をせられしと打悦び詞のらぐを見て大坂鴫野の合戰は上杉樣負軍になる處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
玉造口から河内路へふみ出して、鴫野へくると周馬は茶店で一服した。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)