“負軍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まけいくさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“負軍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宮内くないも、いまは浪人ろうにんの身であり、まったく弓矢をすてた心ではあるが、北庄城ほくしょうじょうにいたころの友が、かく負軍まけいくさで逃げこんできた姿をみたり、または旧主きゅうしゅほろびる消息しょうそくをつたえられては、さすがに一きくの涙がまなぞこにわきたってくる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)