“一道”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いちどう85.7%
ヒトミチ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一道”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、それを見ようとして、図らずもその調査項目の前に記されてあった文字が、彼をして一道いちどう光明こうみょうを認めさせたのであった。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この主人の今の心はおこっているのだか、浮かれているのだか、または哲人の遺書に一道いちどうの慰安を求めつつあるのか、ちっとも分らない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
愚にも まどへるものか。大勅オホミコト たゞ一道ヒトミチにいたゞきはせで
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)