“諷経:ふうきん” の例文
“諷経:ふうきん”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“諷経:ふうきん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
諷経ふうきん散華さんげなどの式のあと、さらに禅門各大和尚たちの、起龕きがん念誦ねんじゅ奠湯てんとう奠茶てんちゃ拾骨しゅうこつ
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十刹じつせつの僧ども経を捧げ諷経ふうきんをなせり。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)