“譲葉”の読み方と例文
旧字:讓葉
読み方割合
ゆずりは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クロートン(布哇大戟科植物譲葉の類)、ドラセナー(台湾およびヒリッピン産千年木の類)、サンセビラ(台湾産虎尾蘭の類)
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
三吉は南向の日あたりの好い場所をんで、裏白だの、譲葉だの、だのを取散して、粗末ながら注連飾の用意をしていた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その片隅印袢天を着た出入のものらしいのが、下を向いて、さい輪飾をいくつもえていた。譲葉裏白と半紙とが置いてあった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)