“妙月長者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みょうげつちょうじゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
慾張よくばったようだが決してそうじゃない、是を信心すれば海の音という如来さまが降って来るというのじゃ、この経は妙月長者みょうげつちょうじゃという人が、貧乏人に金をほどこして悪い病の流行はやる時に救ってやりたいと思ったが