“無明長夜”の読み方と例文
読み方割合
むみょうちょうや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども泣いたっていたって仕方がありませんね、前世のというのが、これなんです、つまり無明長夜の闇に迷う身なんでございますね。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
誰かって、この無明長夜の眠りをさます者はないか……かれは、天上、人間、地獄、餓鬼、畜生に向って、呼びかけているかとも見られる。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
悲しいことに皆様はいつかこの無明長夜の夢からおめになる時がありましても、私共にはこの生涯においては、そのことがあるまいと思われますのでございます。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)