“せみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.3%
滑車1.9%
背美0.6%
0.6%
蝉聲0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分はこの三階のに虫の音らしい涼しさをいたはあるが、昼のうちにやかましいの声はついぞ自分の耳に届いた事がない。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ごんごろをおろすのは、庭師さんが、きい庭石かすときに使丸太滑車使ってやった。人達手伝った。れないことだからだいぶん時間がかかった。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
鯨には抹香鯨、鯨、つばな鯨、白鯨、ごんどう鯨、白長鬚鯨、長鬚鯨、鯨、座頭鯨、背美鯨、北極鯨、小形鰮鯨など大分変わった種類があり、すなめり、いるか
海豚と河豚 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
の大を以てしてもの小を以てしても、同じくこの限を破ること能はざるなり。
人生に相渉るとは何の謂ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
されば變り果てし容姿に慣れて、笑ひる人も漸く少くなりし頃、蝉聲しき夏の暮にもなりけん。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)