“寒蝉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんぜみ50.0%
ひぐらし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“寒蝉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
毬栗いがくりの目につきそめてむ声の寒蝉かんぜみならしつくつくと啼けり
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
山の上にひとときに鳴くあかときの寒蝉ひぐらし聞けば蟋蟀こほろぎに似たり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
羊歯しだのしげり吾をめぐりてありしかば寒蝉ひぐらしひとつ近くに鳴きつ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)