“露時雨”の読み方と例文
読み方割合
つゆしぐれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
露時雨夜ごとにしげくなり行くほどに落葉朽ち腐るる植込のかげよりは絶えず土のじて、鶺鴒四十雀藪鶯なぞ小鳥の声は春にもましてし。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ええありがとうござりまする、どこにこのような御親切の相談かけて下さる方のまたあろうか、なぜお礼をば云われぬか、と左の袖は露時雨、涙に重くなしながら
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
朝夕の寒さに蟋蟀もまた夜遊びに馴れた放蕩兒の如く、身にしむ露時雨のつめたさに、家の内が戀しくなるのであらう。
虫の声 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)