“芋焼酎”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いもしょうちゅう50.0%
いもじょうちゅう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“芋焼酎”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こいつあ人さらいの幽霊とは別ですがね、このごろじゅうから、あの土手の先へ、べっぴん親子のおでん屋が屋台を張るそうでしてね、なんでもその娘というのがすばらしい美人のうえに、人の評判では琉球りゅうきゅう芋焼酎いもしょうちゅうだといいますがね、とにかく味の変わったばかに辛くてうまい変てこりんな酒を飲ませるっていうんで、大繁盛だそうですよ。
芋焼酎いもじょうちゅうですよ。しかし割ってある」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)