“上谷”の読み方と例文
読み方割合
じょうこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大寧に居らしめ、第十八子を封じて王となし、第十九子を封じて王となす、谷王というはるところ宣府上谷の地たるを以てなり、第二十子を封じて王となし、開源に居らしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この日から先、彼は世を見限って、上谷閑野にかくれてしまった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五原朔方雲中上谷雁門などが、その例年の被害地である。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)