“玄奘法師”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんじょうほうし66.7%
げんさうほふし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太宗皇帝の水陸大会に、玄奘法師錦襴袈裟燦然と輝き、菩薩が雲に乗って天に昇ると、その雲がいつの間にか觔斗雲にかわって
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
その年の秋、悟浄は、はたして、大唐玄奘法師値遇し奉り、その力で、水から出て人間となりかわることができた。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
五臟のわづらひといひふれども正夢にして賢人聖人或は名僧知識の人をむは天竺唐土我朝ともにそのなからず玄奘法師は夢を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)