“きんらん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
金襴78.0%
錦襴18.3%
金爛1.8%
金繍0.9%
金鑾0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一枚の金襴で、自分の一生がめちゃめちゃになった、という考えかたが間違いだった、ということだけは認めなければならない。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
太宗皇帝の水陸大会に、玄奘法師錦襴袈裟燦然と輝き、菩薩が雲に乗って天に昇ると、その雲がいつの間にか觔斗雲にかわって
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
言うまでもなくこれは寸法二尺八寸の極めて小さい弓で、初めは楊柳で作りましたが、後にはいろいろの貴い材料で作り、継弓にして金爛の袋などに入れて持って歩くようになりました。
撫子染めの長き振袖に、花山車を織り出したる金繍の帯を締め、銀扇を高くかざしていたったるは、花束もてこの扇を射よとの心であろう。
金鑾殿という立派な御殿で、玄宗は李白を引見した。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)