“金鑾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんらん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金鑾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
金鑾きんらん殿という立派な御殿で、玄宗は李白を引見した。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)