“撫子染”の読み方と例文
読み方割合
なでしこぞ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
撫子染めの長き振袖に、花山車を織り出したる金繍の帯を締め、銀扇を高くかざしていたったるは、花束もてこの扇を射よとの心であろう。