“撫子模様”の読み方と例文
読み方割合
なでしこもよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なりはこの間と変りなく、撫子模様のめりんすの帯に紺絣の単衣でしたが、今夜は湯上りだけに血色も美しく、銀杏返しののあたりも、まだ濡れているのかと思うほど、艶々と櫛目を見せています。
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)