“肩衣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かたぎぬ97.6%
かたぎね2.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“肩衣”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
芸術・美術 > 音楽 > 邦楽7.4%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
肩衣かたぎぬを賣る店を市中でよく見出したが、その際予は未だ嘗つて知らなかつたところの「市中漫歩者の情調」に襲はれた。
京阪聞見録 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
客はあたたかげな焦茶の小袖こそでふくよかなのを着て、同じ色の少し浅い肩衣かたぎぬの幅細なのと、同じはかま
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
こんな口上を述べて笑わせながら、肩衣かたぎねねる。着物の袖を滑らす。肌脱ぎになった。
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名) / 林不忘(著)