“経肩衣”の読み方と例文
読み方割合
きょうかたぎぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木綿小紋のちゃんちゃん子、経肩衣とかいって、紋の着いた袖なしを——外は暑いがもう秋だ——もっくりと着込んで、裏納戸濡縁胡坐かいて、横背戸に倒れたまま真紅の花の小さくなった
栃の実 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)