“継肩衣”の読み方と例文
読み方割合
つぎかたぎぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奉行の座の左右には継肩衣をつけた目安方公用人が控え、縁前のつくばいと申す所には、羽織なしで穿いた見習同心が二人控えて居りまして、目安方が呼出すに従って
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)