“薄褐色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カルメリト100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薄褐色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ベルナアルさんが薄褐色カルメリトの労働士の衣に藁縄の帯をしめ、裸足はだしで畑の土を踏んでいた。
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
労働士の間は薄褐色カルメリトの粗羅紗の僧衣ローブに縄の帯をしめ、修練士になると、白の僧衣ローブ頭巾キャプションのついた長い油屋さんのような肩衣スキップレールをかけて黒い僧帯シングリュームをしめる。
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)