“諸分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょわけ50.0%
しょわ25.0%
しよわ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
恋の諸分しょわけによくいうやつだが「眼も口ほどにものをいい」全くだ、あれは無情の石でも木でも草でも、眼に映る物なら何にでも色をしいている眼だ。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
芸者なんぞになったとて、色も諸分しょわけも知抜いた、いずれ名取のおんなども、処女むすめのように泣いたのである。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
世の中の諸分しょわけを呑み込み顔に巧利の賢さを張り拡がせ、大まかな美しさのまゝに老い初めたわが母の段々肥満しかけたその胸の中には、たゞ慾と得と手以外の考えしかないのを今更知り返すと、岸壁に突き当ったような感じがき上げて来まして
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「錢形の親分も、この道ばかりは、まるで見當がつかない。もう少し色の諸分しよわけを心得なきや——」