“互交”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たがい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“互交”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かくて酒肴しゅこうの用足しから帰って来た女房は、その手巾を片襷に、愛吉が背後うしろへ廻って、互交たがいむつまじく語らいながら、えんなるうなじにきらきらと片割月のきらめく剃刀。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)