“がわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
39.8%
26.7%
11.8%
6.2%
5.6%
3.1%
2.5%
1.2%
1.2%
側面0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「無論、正義は君のにあるだろう。誤解されたんだ。君は穏かではないけれど、少くとも、道にれたことをする人間じゃない」
首切り問答 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
お前のその蝦蛄もののようになった、両手の指を、ってめろと言え。……いずれ剣劇や活動写真が好きだろう。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、藤沢遊行寺の陣からこの口へ、一番に立たせておいたの新田ノ蔵人七郎氏義を、行合(行逢)の本陣へ呼びつけた。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今から一万二、三千年の子孫の世には北極はとんでもないのはずれを向いて、七夕の星が春見えるような事になる。
歳時記新註 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
鈴の音が、いま汽車を降りた新しい客の到着をせた。前から来ている知人達が迎えに走り出て、男も女も、女同士も男同士も、る頬へ接吻し合った。
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
むらさき巾着であった。その金入れの中には、金銀取交ぜてだいぶの額が入っていた、又八は数えるだけでも自分の心が怖くなって、思わず
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御馳走はでて尽くる事なし。続いて来れるは西洋チサののみをりたる上等のサラダ、サラダを喫しおわりし時美事なる寄物ず。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
忠隣はこう云って右をちらと見て、そこに立っている家臣に
切支丹転び (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
源兵衛「その内逢はう」との道具りもよし。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)
紙帳は、血によって、天井も四方の側面も、ことごとく彩色られていた。そうして、古い血痕と、新らしい血痕とによって、怪奇な模様を染め出していた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
四十面相は、弁護士がわきみをしているすきに、そのソフトの下に手をいれ、うちがわのビンのなかへ、小さくたたんだ紙きれをいれておきます。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
黒吉は、思わずに浮いた脂汗を、る肉襦袢の腿のに、こすりつけた。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)