少年しょうねん
空地へ幕が張られて、自動車の展覧会があった。誰でも勝手に這入れるので、藤一郎もいい気持で見て歩いた。ピカピカ光るお腹や、澄ました面した自動車を見ると、藤一郎の胸にはふんわりと訳のわからぬ感情が浮き上る …
作品に特徴的な語句
いひつ
題名が同じ作品
少年 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)
少年 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)
少年 (新字旧仮名)神西清 (著)