“あさり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浅蜊47.4%
淺蜊10.5%
蛤蜊10.5%
10.5%
求食5.3%
浅利5.3%
蛤仔5.3%
蜊貝5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お土産は小雑魚よりも浅蜊、蛤の類、手に手に破れ網の古糸をすき直して拵えたらしい提げものに一ぱいを重そうにして、これ留守居や懇意へのすそ頒け
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
あの時分は川尻にが生えてゐた。潟からは淺蜊がよく獲れて、奇麗な模樣をした貝殼も多かつた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
蛤蜊のライスカレー 秋付録 米料理百種「西洋料理の部」の「第二十一 蛤蜊のライスカレー」
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
 八四・〇七 一三・二〇 〇・七七 一・九六
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
これを見ればまづ二三こゝにをりてまづ求食、さてをのこしてある処のとす、俚言にこれを代見立といふ。雁のかくするは友鳥ひきたりて、かれにも求食せんとて也。
蝦蛄、幽霊蝦蛄、活烏賊、イカナゴ、擬餌、芋、味噌団子、烏賊の腸、赤虫、秋の魚のブツ切りなどであるが、鯛は自然に生活しているこのほかに榮螺宿借、蛤、浅利、蟹、牡蠣、ウニ、ユウ
鯛釣り素人咄 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
空地に向った右側は魚屋になって、店には鮟鱇し、台板の上には小鯛海老。入口には蛤仔文蛤を置いてあった。そこにはのむれるような海岸特有のがあった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
併しおかづは手輕だ、葡萄豆紫蘇卷燒海苔鹿菜蜊貝のお………品は多いが、一ツとしてたすにりるやうな物はない。加之味も薄い。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)