“蕪雑炊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かぶぞうすい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕪雑炊”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
兼好は独りで笑いながら机の前に戻ったが、やがて夜食の蕪雑炊かぶぞうすいでも焚く支度をするらしく、奥から土鍋と青い野菜とを持ち出して来て、庭のかけいの細い水を汲み始めた。
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)