“かんばん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カンバン
語句割合
看板43.0%
招牌25.0%
燗番14.1%
提灯7.0%
提燈3.9%
行燈1.6%
0.8%
甲板0.8%
商牌0.8%
招児0.8%
看板女0.8%
看版0.8%
看牌0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
町の人たちは、あの馬鹿甚兵衛がたいそうな看板をだしたが、どんなことをするのかしらと、面白半分小屋へはいってみました。
人形使い (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「おん茶きこしめせ、梅干もさぶらふぞ」の招牌は昔ながらでも、それは風流の人たちが喜ぶので、小さな子たちには向きません。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
彼は立ちあがってお燗番を手招ぎした。酔った勢いでやって来て、思いをさらけだして満足して、そこでまた一時に酔いを発した。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
で、二台、月に提灯黄色に、広場の端へ駈込むと……石高路をがたがたしながら、板塀の小路、土塀の辻、径路を縫うと見えて、寂しい処幾曲り。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、庄左衛門は、すぐ通りかかる提燈を呼び止め、何処か行く先をいて
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
消えなんとする旅籠屋行燈を、時雨の軒に便る心で。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なるほど、迎恩橋まで来てみると、旅館はの一行で貸切とみえ、旗、、造花でどられた絵像のなど、たいへんな飾りたてである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「片腹痛いが、ことしは俺のを割った奴がある。健気な奴だとめておこう。あしたはきっと姿を消さずに出て来いよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の先で甲板をこつこつとたたいて、うつむいてそれをながめながら、帯の間に手をさし込んで、木村への伝言を古藤はひとりのように葉子にいった。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
戸をあけて甲板に出ると、甲板のあなたはさっきのままの波また波の堆積だった。大煙筒から吐き出される煤煙はまっ黒い天の川のように無月の空を立ち割って水に近く斜めに流れていた。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
錦繪を賣る店も商賣になるものと見え、震災後はローマ字の商牌を屋根にあげ、店口は洋風に飾窓などつけてやつてゐます。
砂がき (旧字旧仮名) / 竹久夢二(著)
ここに紫金大街で一番の大店舗、物産屋の招児も古い盧家の内では、折しも盧の大旦那——綽名玉麒麟が——番頭丁稚をさしずしてしきりに流れの倉出し物と倉帳との帳合をやっていたが
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、看板女のおきんに茶をくませて出したが、その湯呑の下に、案の条、二朱包んであった。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
昨日もちょうどそんな事を考えながら歩いて、つまるところがペンキの看版かきになろうが稲荷八幡様の奉納絵を画こうがかまわない。
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
家の作り方、ことに商店の看牌や店飾りのたぐいが、今と昔とはほとんど比較にならないほどに華やかになった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)