“凝乳”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
クリーム50.0%
スメターナ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“凝乳”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語4.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——『おや、ぜんたいなんだって、こんな猫がはいって来たんだろう?』とカテリーナ・リヴォーヴナは考える、——『凝乳クリームをあたし、あの窓わくのところに載っけといたっけが、てっきりこの野良猫め、あれを狙っているんだわ。よおし、追い出しちまおう』と
と同時に、彼の口へも肉入団子ワレーニキが一つ飛んで来て、ハッと思ふ間に口端ぢゆうを凝乳スメターナだらけにした。
それは出来ない相談で、肉入団子ワレーニキには先づ凝乳スメターナをまぶさなきやならんからなあ。