“荷札”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
チェッキ50.0%
チエツキ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“荷札”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
荷札チェッキ扱ひにして來た、重さうな旅行鞄を、信吾が手傳つて、頭の禿げた松藏に背負してる間に、靜子は熟々つく/″\其容子を見てゐた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
荷札チエツキ扱ひにして来た、重さうな旅行鞄を、信吾が手伝つて、頭の禿げた松蔵に背負しよはしてる間に、静子は熟々つくづく其容子を見てゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)