“きやうじん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
狂人38.1%
強靭33.3%
強靱23.8%
郷人4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何でも、自分の記憶の底に沈んで居る石塊の一つの名も、たしか『高沼繁』で、そして此名が、たしか或る狂人の名であつた様だ。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
つまり戰爭は、決して自分たちの精神に傷を與へはしなかつた。かへつて自分たちの皮膚を(面の皮もろとも)強靭にした。傷つかぬ魂が、強靭な皮膚に包まれてゐるのだ。一種の不死身である。
毎日でぐつしりとるので、強靱纎維つて、たい季節までにはどうしても中途で一へねばならぬと勘次自慢してはつてれてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
地に生れた文人で今も非常な尊敬を郷人から受けて居るバルザツクは少年の日に古塔の下や広場の木立の中で常に遊んで居たと云ふ事である。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)