“中途”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちうと36.7%
ちゅうと36.7%
ちゆうと10.0%
なかたび10.0%
なかほど6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もそれ中途盲目つたんだから、それまでにいて身體成熟てるしおめえもつてるりあんで仕事出來るしするもんだから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
とたんに、あッ——とれた咲耶子の声が、糸を切ったように、中途からポツンときれて、それっきり、あとはなんの音もしなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
中途からした宗助には、くもせなかつたけれども、講者能辯で、つていてゐるうちに、大變面白があつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
れがこの種なしに成つてもう今からは何を売らう、直様煮かけては置いたけれど中途お客は断れない、どうしような、と相談を懸けられて
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
木下闇、その横径中途に、空屋かと思う、の朽ちた、誰も居ない店がある……
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)