“きょうじん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キョウジン
語句割合
強靱44.4%
強靭28.9%
兇刃10.0%
狂人8.9%
郷人3.3%
侠人1.1%
凶刃1.1%
匡人1.1%
羌人1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしその強靱な論理を示す文章の間に、突然魂の底からり出たかのような啓示的な句が現われて、全体の文章に光を投げる。
西田先生のことども (新字新仮名) / 三木清(著)
部屋の中に若い娘が一人、首に強靭な麻縄を巻かれ、その縄尻を二間ばかり畳から縁側に引いて、俯向きになったまま死んでいたのです。
しかし、この、「長い黒の外套」を着て闇黒む妖怪は、心願のようにその兇刃を街路の売春婦にのみ限定してったのだ。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
はあ、病人、しかし狂人自由にそこらいているではないですか、それは貴方々無学なるにって、狂人と、健康なるとの区別出来んのです。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
(この息子が、偉大になってくれればいいのだ。武蔵以上の人間になり、俺を見返して、郷人に誇ってくれたら、婆は、おれの首を討った以上、本望と思うだろう)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
思いがけない悪魔がでて、のろわれた今宮祭りのむれも、また思いがけない侠人の力で、すぎからは、午前におとらぬ歓楽にかえってにぎわった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
井上侯がまだ聞太といった侍のころ深く相愛して、彼女の魂として井上氏の懐に預けておいた手鏡——青銅の——ために、井上氏は危く凶刃をまぬかれたこともあった。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
天の未だ斯の文を喪さざらんとするとき、匡人それ予を如何せん。(子罕、五)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
昼夜観音経を念ずると斑虎に導かれ故郷へ還り得たと載す、智者大師の『観世音義疏』に晋の恵達、凶年に甘草掘るとて餓えた羌人群に捕われ、かの輩肥えた人からまず食うので達と一小児と残さる