“きちがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キチガイ
語句割合
狂人54.3%
狂気20.2%
気狂12.4%
3.5%
気違2.3%
狂女1.9%
狂者1.2%
精神異状者0.8%
狂乱0.4%
狂人女0.4%
狂漢0.4%
狂痴者0.4%
狂癲0.4%
瘋癲0.4%
発狂漢0.4%
発狂者0.4%
精神病者0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この思わぬ言葉に、早苗は、相手の眼のなかを窺うように、覗き込んだ——ひょっとすると、この男は狂人になったのじゃないかしら。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
お歌さんは狂気のようになって乃公の耳を引張った。富子さんは評判のお喋舌だから、明日学校へ行って何と言うか知れないそうだ。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
『だからね、母が何と言っても所天決して気にしないで下さいな。気狂だと思って投擲って置いて下さいな、ね、後生ですから。』
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
日本とも言いたいほど日本贔負の婦人であった。その人が岸本を紹介してくれたのであった。老婦人は居間の方へ岸本を連れて行った。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
狐狸や、いや、あの、えて飛ぶ処は、憑物がしよった、と皆気違にしなさいます。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
不断、そうやがるとよ、いか。手前ン狂女がな、不断そう云やがる事を知ってるから、手前だって尋常は通さないんだぜ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
System of Dr. Tarr and Prof. Fether. の最後の部分の狂者たちの行動の描写に至っては、面白いというよりも自然と頭がさがるのを覚える。
ポオとルヴェル (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
魂消なさる事はない。これあ芽出度い事ですばい。たとい精神異状者じゃろが、唖女じゃろが何じゃろが、これあ福の神様ですばい。何も知らじい来た、今日のお祝いの御使姫ですばい。
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ヘイ……お八代さんは今では半狂乱のようになったまま足をいて床に就いているそうで御座います。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「お浦を是非とも出せというのだ。……ああいう女に心を引かれる? 嗜好というものは変なものだな。……出してあげたくてもあの狂人女、とらえられないのだから仕方がない」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
其声よりき声をして馬鹿めとりながら為右衛門ずかずかと立ち出で、僮僕どもこの狂漢を門外に引きせ、騒々しきを嫌いたまう上人様に知れなば、我らがこやつのために叱らるべしとの下知
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
これは千年の謎としても、魚のアタリ、その引き、その釣者の恍惚境といふものは、如上の味に近いものであらうと思ふ。釣狂痴者の迷夢哀れみたまへ。(昭和五年十二月)
魚美人 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
あのままで行くと狂癲にでもなるんではないかとふと西山は思った。とにかく夜は更けていった。何かそこには気のぬけたようなものがあった。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
又は変ぽうらいな手附きを為たりなど、よろずに瘋癲じみるまで喜びは喜んだが、しかしお勢の前ではいつも四角四面に喰いしばって猥褻がましい挙動はしない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
糸でかるる木偶のように我を忘れて行く途中、この馬鹿野郎発狂漢め、のせっかく洗ったものに何する、馬鹿めとだしぬけにみつくごとくられ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それにしても、あの発狂者はどうなされた、ほんとうにお気の毒なのはあの方でございますが、これも前世の宿業の致すところでございましょう、おめ下さいまし。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「いや。実はなあ。その患者が精神病者らしいでなあ」
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)