笑う唖女わらうおしおんな
「キキキ……ケエケエケエ……キキキキッ」 形容の出来ない奇妙な声が、突然に聞こえて来たので、座敷中皆シンとなった。 それはこの上もない芽出度い座敷であった。 甘川家の奥座敷。十畳と十二畳続きの広間に紋付袴の大勢のお客が、酒を飲んでワイワイ云 …
作品に特徴的な語句
しも 青年わかて おと かぶ がしら 途中みちなか ぶと した はろ 山中やまじゅう こわ なれ 染出そめだ 不可いか まばら グラム 片傍かたそば 頓狂とんきょ 判然わか かえっ はず ぬす ぬり はず 記憶おぼえ 廂合ひさしあ なま ずね ゆび 下座しもざ 申様もうしよう かわ けだもの 頸低しなだ 凝然じっ 白粉しろい 厳重しっかり めじり くら 渡殿わたりどの 唖女おしおんな 浮彫うきぼ かつ 追付おいつ 躍出おどりだ よう 笈摺おいずり ばこ 柔順おとな しま 見計みはから 最早もう 引包ひきつつ 袷衣あわせぎぬ 握飯にぎりめし 蓬々ほうほう 手酷てきび 芳香におい 田圃たんぼ 鷹野たかの 田舎いなか うず 痲酔まひ 白湯さゆ しわ まぶ またた 硝子ガラス 神々こうごう 神農しんのう 禿頭はげあたま 突除つきの 立佇たちど かす 紋付もんつき くく 縮緬ちりめん 繿縷ぼろ 耄碌もうろく 肌目きめ 胆石たんせき 釣換つりか