笑う唖女わらうおしおんな
「キキキ……ケエケエケエ……キキキキッ」 形容の出来ない奇妙な声が、突然に聞こえて来たので、座敷中皆シンとなった。 それはこの上もない芽出度い座敷であった。 甘川家の奥座敷。十畳と十二畳続きの広間に紋 …
作品に特徴的な語句
胡麻塩ごましお 耄碌もうろく 緋縮緬ひぢりめん 途絶とだ 八釜やかま 白湯さゆ 驀進ばくしん 衣桁いこう 外道げどう 辞儀じぎ もず 渡殿わたりどの 瓜実顔うりざねがお 森閑しんかん 見計みはから ばこ 離座敷はなれざしき 熱燗あつかん 髪毛かみのけ 下座しもざ 紋付もんつき 夕暗ゆうやみ 金屏風きんびょうぶ 蓬々ほうほう 潮時しおどき 握飯にぎりめし 布片きれ 介添かいぞえ 逆様さかさま たぼ 飛退とびの 肌目きめ 袴腰はかまごし 柔順おとな 十月とつき 厳重しっかり 手酷てきび ひた 引擦ひきず 盲滅法めくらめっぽう 否々いないな 押戴おしいただ 括枕くくりまくら 生汗なまあせ 開放あけはな 膨脹ぼうちょう 浮彫うきぼ 山中やまじゅう 小女こおんな 無残むざん 廂合ひさしあ 土蔵くら 巴旦杏はたんきょう 色情狂いろきちがい 立佇たちど 青年わかて 芽出度めでた 雨樋あまどい あと 笈摺おいずり 芳香におい 温柔おとな 大胡座おおあぐら 爪探つまさぐ 追付おいつ 噛締かみし 繿縷ぼろ 袷衣あわせぎぬ 乾涸ひから 突除つきの 赤飯せきはん 頸低しなだ 引包ひきつつ 上釣うわず 大繁昌だいはんじょう 本真ほんま 片傍かたそば 避病院ひびょういん 躍出おどりだ 双肌脱もろはだぬぎ 床盃とこさかずき 精神病者きちがい 下腹部したはら 囁声ささやき 在合ありあ 染出そめだ 申様もうしよう 金元結きんもとゆい